ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

中年オタクが、映画やマンガ、ゲームなんかをレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてたりもします。平日は朝7時に記事が上がるようにしてます。よしなに。

【チラ裏】unity理解メモ6

休み明けは足が重い中年m-zoです。

週休三日(水土日)になっても多分変わらない。

今日は6回目の学習メモで誤魔化し。

■参照先 

atoz-gamedia.com

 

▽当たり判定のコンポーネント

・オブジェクト側の設定

Rigidbody 2D、Circle Collider 2D:Physical2D内にあり

 

接触時の処理を書こう

 あ、体力とかはコード内で設定しないこともできるのね。ちょっと不思議感。

古い技術屋だからコードの中で全部終わらせる癖があるのね、私。

 

▽ プレイヤーにも当たり判定を実装

そっかー、おんなじ弾でも名前が違えば判定しちゃだめだもんなぁ。

作った時に名前を付けてるのにその処理ができるってのも不思議。

 

あんまり書けなかったのでもう一ページ。

■参照

atoz-gamedia.com

 

▽ボスに弾を撃たせよう

おぉー、撃ってきた。当たるとダメージだ。

 

▽弾のスクリプトを改良しよう

 同じスクリプトなのに違う動きを入れれるってすげぇフシギ。

でも、マリオの雲と草が一緒、と同じようなもんか。

 

▽自機狙い弾を発射させよう

誘導弾を打つのってこんなに処理があるのね。

プログラムー、って感じがすごい。

 

▽ボスの弾発射処理をメソッド化しよう

この辺りはC言語と何も変わらない感じ。

 

 ・沢山の弾を発射させる

おぉー、すげーって調子にのって5Wayとかにしたら泣きそうになった。

弾幕苦手なの忘れてた。

 

こんなとこ。

大分ゲームになってきて進めるのが楽しくなってきた。

と、同時にコード読むのが雑になってきてる。

ここでサボるからできなくなるんだな、頑張ろう。

 

■オマケ

最初からゲームを作るのは大変なのでツールもどきを作って練習中。

それでも一日一歩進んでるかどうか。いつ完成するのやら。