ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

中年オタクが、映画やマンガ、ゲームなんかをレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてたりもします。平日は朝7時に記事が上がるようにしてます。よしなに。

【チラ裏】記事の価値

子どもが「仲間あたり」という表現をして感動した中年m-zoです。

なるほど「仲間外れ」の反対か・・・。やるやないか!

今日は自分の記事を見ながら思ったこと。

 ■昨日

あまりに思考が動かなくてプレーしてるゲームの状況だけ書いた。

今日「あれに記事としての意味はあるのか」が

ぐるぐる頭を回ってた。

 

■基本に立ち返ると

私はこのブログを日記兼遺書のようなものと思っている。

残念ながら文才はないので面白いことは書けない。

残念ながらアンテナが低いのでためになる情報は書けない。

でも、自分を発信しておく場所が欲しい。

Twitterでは流れるのでブログにした、というだけである。

 

■ふと

今までの記事を見ていると

「あの頃はこれが好きだった」とか

「あの時は追い詰められてた」とか

空気や気持ちまで感じることができた。

なんだ、ちゃんと機能してるじゃないか。

 

■答え

 

日に一個書いたものは忘れていく記憶を繋ぎ留めておくものであり

終わったことを放置して日を全力で過ごすために必要なものになっている。

だから、これからも続けるし

思いだしたものは書くし

その日を〆るアクションとして残しておこうと心に思うのでした。

 

■オマケ

もっと楽しいことが書ければいいんだろうけど性分として無理だ。

 

1年前

www.m-zo.work

ほら、こういう集中しすぎ問題も日々の忘却で忘れてるじゃあないか。

1年前にたどり着いてるんだからゲームばっかりやるんじゃあない。