ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

中年オタクが、映画やマンガ、ゲームなんかをレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてたりもします。平日は朝7時に記事が上がるようにしてます。よしなに。

【映画レビュ】アナ雪2

突然暇を渡されると困る中年m-zoです。

1時間シャニマスしてるとかいう愚行。

今日は子どもにせがまれて行った映画。

 

■基本情報

------------------------------------------------------

タイトル:アナと雪の女王2

監督:
クリス・バック
ジェニファー・リー

製作:

ピーター・デル・ヴェッチョ

製作総指揮:ー

出演:

イディナ・メンゼル
クリスティン・ベル
ジョナサン・グロフ
ジョシュ・ギャッド

種別:ディズニー、ファンタジー

公開日:

米国、日本)2019年11月22日

Yahoo評価:3.81点

------------------------------------------------------

 

■はじまり

前作からしばらく時間が経ち、平和に暮らしている姉妹。

しかし、そんな中不思議な声を聴こえるようになった姉。

そこから物語は始まる。

 

以前、紹介した「MIHOシネマ」さんにネタバレ無しの紹介発見。

リンクをペタリ。

mihocinema.com

色んな視点で書いてあるのでネタばれてから読んでも楽しいです。

 

 

■ストーリー(キレイに王道、前作を引き立てる作りもなかなか)

前作はかなり変化球だったので、びっくりしたが今回は素直な作品。

先読みやシーンの意味なんかもそこまで読まなくていいので

楽と言えば楽。そういうのが好きな人には物足りないか?

前作の話や彷彿とさせるシーンもいくつかあるので

かなり考えたんじゃないかなぁ。素直に尊敬。

 

 ■演出(これが本気のアニメ)

遠いシーンの細かい書き込みは感動もの。

と思えば、近くで見える木や石の質感はリアル。

すげぇな、今のアニメってなった。

でも、キャラクターに寄った時に違和感が少しある。多分、不気味の谷

 

後、前作は歌を全力で推してたけど今回はそんなに残らなかったなぁ。

 

■出演者陣 (吹き替えですが)

メインの二人が上手。とっても上手。

そして、オラフの声に若干の違和感。

 

■その他(誰得?のシーンも)

ディズニー式の歌いながら移動するシーンとかがあるけど

えっ、この人が歌うの?誰が求めてるの??って個人的に思ったシーンが一個ある。

新しい客層を目指したんだろうが、全体が上手くまとまってる分

悪目立ちしてた感。 

 

後、スタッフロールに遊びがなかったのも気になるところ。

子どもが見に来る前提の作品なのに2~3分ズラズラと名前が並んでるだけでは

最後のシーンまで子どもがもたない。

大人で最後まで座ってみたい人も周りに迷惑かけたくない親も

興味を失った子どももみんな不幸。 

 

■総評【★★☆】(アニメ映画の最大値に近い作品)

ストーリーはシンプル、全体的高いレベルでまとまってるので

気持ちよく見れる作品。

映画通的な人にはちょっと物足りないかも。

前作の変化球感を生かしながら、これだけのものが作れるのはやっぱりスゴイと思う。

だからこそ、細かい部分が気になったりするけど

そこもいずれ解消されていくだろうなぁ、と期待もできる作品でした。

 

■オマケ

オラフの声に関して観た人と会話したら「違和感なかった」とのこと。

字幕で見たそうだ。そりゃないだろうね。

 

1年前
www.m-zo.work

ドハマりしてたなぁ。スゴイハマってた。

今でも紹介されてた本の一部はまだ読みたいし。

今度久々に図書館行くかな。