ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

中年オタクが、映画やマンガ、ゲームなんかをレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてたりもします。平日は朝7時に記事が上がるようにしてます。よしなに。

【チラ裏】unity理解メモ3

久しぶりに全力疾走+ジャンプしたら左半身が激痛んでる中年m-zoです。

歳には勝てん。

そんなわけで手抜・・・じゃない、コーディングメモ3弾目。

 

 

■参考サイト

qiita.com

 

・敵の生成

takou→tako

多分誤字

 

>コンポーネントには「Physics 2D」を選び、次に表示されるコンポーネントから「Rigidbody 2D」を選択します。

Physics 2D(物理2D):つまりモノだよってこと

Rigidbody 2D:

物理特性?とでも訳せばいい?Physics 2Dのコンポーネントに加える特性

 

アタッチ:コンポーネントをゲームオブジェクトに追加すること

→この用語は覚えておく

 

スクリプトの追加

追加したところ、メッセージ。

今の形に合わせる?的なものだったのでとりあえずNoで。

 

Token.csは楽をさせてくれるために作ってくれてるもの。

ありがたや。

 

・Enemyスクリプトの追加

VisualStudio、ちょっと重い。

起動初回はログイン作業がいる。Windows10ならログインIDでOK。

 

EnemyスクリプトをEnemyオブジェクトの上にドラッグ&ドロップすると

出来ませんのメッセージ

メッセージを直で探してもunityがおかしくね?となるので

ちょっと進んだとこにあるエラーの対処を確認

エラーが4つ出てる。

Token.cs内で「rigidbody2D.~」と指定されていると旧形式のため不具合とあるので

「rigidbody2D.~」→「GetComponent<Rigidbody2D>().~」に書き換え。2か所。

 

成功

 

(自己判断)

ただ、画面の一番上に何故かたこ焼きがいないので

EnemyのOrder in layerを0→1に変更。

前回、こんなことなかったけどなぁ。

 

・画面の端で跳ね返るようにする

特に問題なし。

 

・クリックすると消滅するようにする

Physics 2D > Circle Collider 2D

これは円形。その他の形もあるか確認。色々あるようだ。

参照:

miyagame.net

 

・たこ焼きを複数配置する

プレハブ:重要な概念っぽい。

プレハブは複数同じものを作る時にいいのね。ふむふむ。

 

今日はここまで。

色々調べながらやって大体1時間半。うーん、コード力落ちてる・・・。

 

■オマケ

次回で終わりになるけど前回作ってて挫折したのは以下の部分。

 

・音を鳴らし終わってから処理をする方法(音が鳴り終わったことを確認する方法)

オブジェクト(絵)を押す

→オブジェクト(絵)を変更

→音を鳴らす

→(鳴り終わったら)オブジェクト(絵)を変える 

ってやりたかったけどできなかった・・・。どうやるんだー!?

なんかいいサイトさがしておかないと。