ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

中年オタクが、映画やマンガ、ゲームなんかをレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてたりもします。平日は朝7時に記事が上がるようにしてます。よしなに。

【スマゲレビュ】ドールズフロントライン【★☆☆】

久しぶりに偏頭痛に襲われた中年m-zoです。

お薬効くまでの地獄感、味わったことない人にはわっかんねぇだろうなぁ。

今日は艦これの銃バージョンな中華ゲームの話。

 

■基本情報

------------------------------------------------------

ゲーム名:ドールズフロントライン

運営: サンボーン(中国)

種別: ストラテジー

配信: 2018年8月1日(iOS/Android)(日本)

------------------------------------------------------

プレー期間約3週間。

 

■どんなゲーム?

擬人化(女の子)された銃で部隊を作って

よくわかんない機械?な敵を倒していくゲーム。

戦闘は陣取り。戦闘本体はオート。

部隊の陣形や配置で強さがちょっと変わる。

 

■良い点

擬人化系の艦これとアズレンを足して2で割った感じ。

艦これほど運過ぎず、アズレンほど忙しくない。

 

聞いたことある名前の銃もちょこちょこあるし

女の子の恰好でなんとなく生産国が分かるのもおもしろい。

 

倒しきらなくてもクリアになったりするし

ちゃんとクリア(条件がある)したステージは

自動で戦ってくれるシステムがありがたい。

 

■うーんな点

せっかくの銃でどこ、はなんとなくわかるが

いつ頃の、とか細かい説明が少ない。

(艦これは有志でカバーされてた気がするが)

 

キャラの色が薄いので愛着が持てない。

サポートしてくれてるキャラが一番カワイイって感じるのってどうなのよ。

 

レベリングと素材堀が別枠になっているのもキツイ。

素材堀してるキャラはずーっとレベルがそのまま。うーん。

ここは艦これを習ってほしかった。

なのに、ステージが進むとレベル不足がちょっとずつ出る。

 

■止め理由

レベリング用ステージの情報とか集めだして

キャラじゃなく性能を重視しないと駄目になり

今まで育てたキャラが最低ランクとかでモチベ下がり

レベリングをがんばったが結局飽きた。

 

■総評【★☆☆(興味があるなら)】

機体開発は資材あればできるし

資材も買えるので興味があるならやってもいいと思いますけど

コレってとこがないです。

銃好きとかならいいかも、です。

 

■オマケ

ただこれ系のゲームってやった分だけちゃんと返ってくるから

まだガチャゲーよりはマシだと思っちゃうんですよねぇ。

 

・艦これ 

www.m-zo.work

 

アズレン 

www.m-zo.work

 

・後似たようなのでお城 

www.m-zo.work