ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

中年オタクが、映画やマンガ、ゲームなんかをレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてたりもします。平日は朝7時に記事が上がるようにしてます。よしなに。

【映画レビュ】マッハ!!!!【★★☆】

機種変更でスマホがサクサクになった中年m-zoです。

業務の効率化の一番いいのはPCの入れ替えだとやっぱり思った今日この頃。

今日はタイのタイな映画。

  

■基本情報

------------------------------------------------------

タイトル:マッハ!!!!!!!!

監督:

プラッチャヤー・ピンゲーオ

製作:

プラッチャヤー・ピンゲーオ
スカンヤー・ウォンサターバット

製作総指揮:

ソムサック・デーチャラタナプラスート

出演:

トニー・ジャー

種別:ムエタイ・アクション

公開日:

タイ)2003年1月24日
日本)2004年7月24日

Yahoo評価:4.07点

------------------------------------------------------

同僚の強い推しで鑑賞に至る。 

 

■はじまり

タイの小さな村のお話。

男たちが大木を登る、旗を求めて。

今年のこの祭りの優勝者は主人公君。(なかなかハンサム、体の締まりも良い。)

村人は村の繁栄を祭りで盛り上げ、村を見守る仏像にみんなで祈る。

そんな中、村人の石仏を取引に失敗している人物が。

そして、夜に大切な仏像の首がなくなってしまう。

村は大騒ぎになり、主人公は仏像の首を取り返すためにバンコクへ行く・・・。

 

以前、紹介した「MIHOシネマ」さんにもあらすじが・・・なかった・・・。

とりあえずトップページのリンクをペタリ。いつかきっと増えると信じて。

(増えたら黙リライトしますねー)

mihocinema.com

 

■良い点

 主人公はワイヤーなしが売りにしているが

人体の限界とセットの緻密さにうおぉ!となるシーンが多々。

障害物競争なシーンはこれを見せるためとわかっていてもエキサイティングだった。

昔のジャッキー映画を思い出して、子どもの頃の憧れ感を思い出すことができた。

 

格闘シーンは空中での動きが目を見張る。

この人どんだけの動きするんだ、 というくらい滞空時間の(体感の)長さがある。

後はムエタイ独特の肘。

ホーリーランドとかでも触れられてたけどカタいのよね、肘。

それをあんだけ使われてると映画なのに、格闘技の試合見てるくらいに痛いを感じた。

 

エンドロールのメイキング&NGは嬉しい。

この辺もジャッキーっぽくて私は好き。

本番のカッコいいシーンがNGシーンでさらに引き立つこの手法はいいよね。

失敗しちゃった顔はコミカルに見えるし。

そして、やっぱりケガとかしたよね。

 

後、個人的によくも悪くも田舎の描写が凄くインパクトだった。

いや、ただの田舎のシーンなんだけど、故郷を思い出すというか。

あそこまで寂れてないけどあの寂しさは故郷だった。

 

■ちょっと・・・な点

ストーリーは超シンプル。シンプル過ぎるくらいシンプル。

良い点でもあるかも知れんが。

後、セリフが長いシーンやキャラクターの成長が遅いのが少し気にかかった。

 

各種シーンで角度を変えて見せてくれるのはありがたいが

後半になればなるほどしつこさが目立つ。

いや、カッコいいのは分かるけど、ちょっと間延びしちゃうのよねぇ。

 

CG・ワイヤーなしは「主人公のアクション」の話なので

全編って思っておくとちょっとガッカリするかも。

 

 ■総評【★★☆(映画技術と人の限界を見たい人にもオススメ)】

 アクション好きな人はもちろん、

往年のジャッキーやブルースリーが好きだった人、

後、CG無しでも人と映画製作者の努力で

カッコいいものが作れる、ってのを見た人にはおススメです。

後、格闘技好きな人もいいかも知れない。

 

■オマケ

見ててムエタイ独特の「拳の内側を外にして片足上げる」構えが少なく

おや?と思っていたが、この映画のムエタイは古式なものだそうだ。 

そういうのも好き。