ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

中年オタクが、映画やマンガ、ゲームなんかをレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてたりもします。平日は朝7時に記事が上がるようにしてます。よしなに。

【現実ログ】セカンドオピニオン

他の病院(会社指定)にて

 

行きつけの病院とは打って変わり、デカい病院へ。 

 

メンタルヘルス課は忙しいらしく、1時間以上待たされる。

私を含めてみんな病みすぎ。

 

ようやく通され診察開始。の前に、紹介者について聞かれる。

会社→本社の産業医→(幾人かの医者)→担当医となっていたようだ。

紹介状もない(受付で3回聞かれた)ので

自分の性格、家族構成、やったこと、不満点、全部書かされる。

ただの地獄か。

 

んで、診療。書いたのにまた聞かれる。

そもそも休んでるのにもう一回思い出せって結構キツインデスケド。

まぁ、会社関連で紹介されたから

原因部分の大半を会社の体制ややり方に原因があるように聞かれる。

 

話してる途中でいくつか気になった点。

・仕事が増える状況は、責任が増え必要とされているのに

 「自分がいてもいなくてもいい」感が出ている

・本音を話せる人を即答できなかった

 

最終的な結論は「適応障害」となる。

 

ストレス要因は重なるとどんな人でも耐えれない、と言われたが

でも、診断書は一つの要因で書いてる。整合性がない。

 

一番嫌だったのは、ネガティブ思考を治す訓練をしましょう、と言われたこと。

こうやって「他人や社会に合わす」ことをして失敗してるから

ここに来てるのにそれをやれって言われた時点でゲッソリ。

なんか自分は今の世の中で生きていけない感を凄く感じてしまった。