ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

中年オタクが、映画やマンガ、ゲームなんかをレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてたりもします。平日は朝7時に記事が上がるようにしてます。よしなに。

【オジさん思考】スマゲの飽きはどこからくるのか

子どもの観察力に舌を巻いた中年m-zoです。

見えてないだろ、と思っててもかなり見てるぞ、アレ。

今日はスマゲを考える。

 

 

■スマゲ

オジサンはスマートフォンで出来るゲームは全部まとめて

スマゲと略してる。

少し前のスマートフォンゲームはスタミナ制になっている。

ハマってるうちはいいのだが、義務になるとしんどくなる。

スタミナに追いかけられるのはゲームに使われてる感がスゴイ。

 

■やっぱり

みんな思ってるらしく、最近はログインボーナスや

エスト式、ボーナス期間式が増えているようだ。

ゲーム自体はずっとやれるが、プレイの最初の方だけ効率がいい、というやつ。

ゲームが面白ければずーっとやるが

ある程度飽きても「入るだけ入ろうか」勢ができる。

うん、考えられてるよね。

 

 ■なんというか

どっちのスタイルも続けてもらうべきものとしては正しいと思うし

娯楽を提供されて楽しんでるからいいんだけど

「ゲームのプレイ時間が短くてもいい」って発想はいいんだろうか。

昔のゲームは難しくて何度も何度も死に覚えしながらやってたけど

集中はしてた気がするのよね。後、頭必死に使ってたような気もする。

今のスマゲってそういうのがあんまりない。

やってダメージ計算の算数くらい。

 

■何が言いたいかってーと

ゲームに飽きた、って感覚は「物足りない」な気がする。

だから、バトルロワイアル系のゲームが流行ったりしてるのかなぁ、と。

必死に本気になれるゲームの方がやっぱり楽しいんだよね。

ゲーム機やゲーセンのゲームはそういう方向っぽいから

やっぱり本家には勝てないのかなぁ、と思った今日この頃でした。

 

■オマケ

これってヘビーゲーマーの発想なのか、もしかして。

と書いてるうちに恐々としてしまいました。そんなことないよね・・・?