ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

中年オタクが、映画やマンガ、ゲームなんかをレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてたりもします。平日は朝7時に記事が上がるようにしてます。よしなに。

【自分語り】世界は広げなければ広がらない、むしろ狭くなる

下書きがいっぱいあるのに完成させる気がない中年m-zoです。

下書き書いただけで満足しちゃった。だーめねー。

今日はオジさんの経験則。

 

■起こり

とある伝手で聞いた話。

「海外に行ったら森に行くと楽しい」

なるほど、と思った。

森とか植物は確実に違う。

そりゃ違いに刺激されますよ。

でも、触るとアレルギーとか起こすかもしれんので注意な。

後、虫とかも日本みたいに優しくないぞ。

毒とか噛みつきとか注意な。

 

■思い出す

学生時代、アルバイトで作った10万円と18切符を握りしめて

国内をウロウロしてた。

始発に乗って行ける一番遠い場所に行って、4日かけて戻ってくる。

泊まる場所はユースホステルを使ってた。

2~3回目の頃から窓の風景の違いを気にするようになった。

建物の「屋根」が違う。

どう違う、というのは具体的に言いづらいが

配色、角度、作りが違うのだ。

そういうことを楽しんでいたことを思い出した。

 

■人って

どうしても自分の見えてる世界を世界だと思ってしまう。

仕事に行って帰るだけの日々をしていると、それが世界になってしまう。

でも、違うのだ。

これが異常に見える人もいれば、満たされすぎてるとみる人もいる。

難しいなぁ、認識している世界の感覚。

 

■なので

日常をつまんないって思っている人は外に出てみるのが良いかと。

その際に人の目は気にせずに。挙動不審でもいいじゃない。慣れてないもの。

でも、人に迷惑をかけないように。

一度ではやったことしか記憶に残らないので

複数回やって「気づき」が起きるまで続けると

少し世界が広がったような気になれるよ、多分。

 

■オマケ

でも、人に話すとフシギちゃんまっしぐらなので

自分のツイッターとかブログとか日記とかに残しておくレベルがオススメでし。