ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

中年オタクが、映画やマンガ、ゲームなんかをレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてたりもします。平日は朝7時に記事が上がるようにしてます。よしなに。

【体験語り】自殺未遂の現実5

夜になると人は寝る。

 

 

前回

【体験語り】自殺未遂の現実4 - ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

 

だが、オーバードーズをした人にとって、ここから地獄になる。

寝る前に食べたもの=毒、と体が認識したようで吐き気が止まらない。

吐き戻さないために必死に体を抑える。

 

外的要因として病院のベット。

床ずれしないように微妙に動くのだ。なので、機械音が不定期になる。

 

そして、病院は24時間動いているのだ。

咳、呻き、足音、何もかもが違う環境で昼間に虚ろだったのもあり

深夜まで眠れなかった。

 

そして、眠りについたときに見えたのが薬を吐いていた覚えていない記憶。

覚えていないのに寝ると吐きそうになる。夢ではないだろう。

きっとこの先も悩まされるのだろう、とげんなりしていたら朝になった。

 

次回

【体験語り】自殺未遂の現実6 - ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ