ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

中年オタクが、映画やマンガ、ゲームなんかをレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてたりもします。平日は朝7時に記事が上がるようにしてます。よしなに。

【体験語り】自殺未遂の現実

10月12日深夜、前回記事に書いた如く全てに絶望し、約100錠薬を酒で流し込む。最後に覚えているのはコップを机に置いたことだった。

 

 

次のシーンはアンバーな光の元だった。「聞こえますか?ここ、どこだかわかりますか?」という声と、口に突っ込まれたチューブの違和感だった。

 

聞いた話、13日に机で爆音ないびきをかきながら起きず

さらに寝ながら吐いている私、

そして大量の空の薬袋を見て救急車を呼んだのだった。

警察も呼ばれた様子。

 

つまり私は2日近く眠り続けていたそうだ。

 

手足が縛られていることに気づき「あぁ、ギミックで見たわコレ」と

冷静なんだか感情が死んでるんだかな思いを持った。

 

次回

【体験語り】自殺未遂の現実2 - ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ