ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

中年オタクが、映画やマンガ、ゲームなんかをレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてたりもします。平日は朝7時に記事が上がるようにしてます。よしなに。

【映画レビュ】カメラを止めるな【★★☆】

忙しいときに限ってデカいトラブルが起きるのは

世の常だと思っている中年m-zoです。

今日はめずらしく邦画。

 

■基本情報

------------------------------------------------------

タイトル:カメラを止めるな!

制作:ENBUゼミナール

種別:ゾンビー?

公開日:日本)2018年6月23日

Yahoo評価:4.06 / 5点満点

------------------------------------------------------

今回から書いてる時点のYahoo評価載せてみました。

 

■どんなの?

廃墟で映画撮影してるシーンから始まる。

ゾンビ映画で大ピンチなヒロインのシーン。

でも、監督は気に入らない。

そんな中の休憩中、建物にある不穏な噂を話していたところ・・・。

 

■良い点

物事の表と裏を上手く手に取った作品。

しかも、裏の裏まで最後に見せてくれる始末。面白すぎる。

 

日本の映画はお金がないから、とCGや特殊メイクを諦めて

漫画原作の劣化モノを作ったり、恋愛ものばっかり、というイメージだったが

ちゃんと「ないならあるものでなんとかする」「弱点を逆手に取る」という

諦めない精神をすごい感じた。

これは古き良き日本人の精神だと思う。

 

途中の無茶ぶり場は若干仕事を思い出してイライラした。

それもまた上手いってことだよな。

 

■うーんな点

映画としてはどうなんだろう・・・。

なんというかドラマから足を一歩飛び出してる感はあるが

映画としては少し物足りなかった感じ。

いや、これはこっちが満たされすぎてるだけ、

求めてるものが違うだけかもしれない。

 

後、このパターンは焼き増せないタイプだよね。

作るのに時間と思考がかなり掛かるだろうし。

 

■総評

最近の邦画では多分ブッチギリに面白いと思う。

アクションとか派手さを求める人にはちょっと足りないかもしれないが

でも、面白い。

何にも情報を持たずに見るとさらに面白い。

日本の底力を見せつけてもらえる良い映画であり

見終わった後にちょっと優しくなれるそんな映画です。

 

ちなみにネタバレになると楽しくないのでWikiは見た後に見ましょう、ですが

海外でも評判は良いようです。

 

■オマケ

しっかし、みんな旧日本軍大好きだよな、

史実はもっと地味だよー、と言ったのはミリタリーオタク。