ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

中年オタクが、映画やマンガ、ゲームなんかをレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてたりもします。平日は朝7時に記事が上がるようにしてます。よしなに。

【マンガレビュ】ワールド・オブ・スパイダーバース【★★★】

熱があっても薬でダマして出社する社畜中年m-zoです。

うん、昭和文化である。消えればいいよ、私。

今日もアメコミだよ!

 

■基本情報

------------------------------------------------------

タイトル:ワールド・オブ・スパイダーバース

作者: ダン・スロット、他

出版:マーベル・コミック

種別: スパイダーマン

巻数:1巻

------------------------------------------------------

 

■どんな話

今回はスパイダーバースの前日譚、裏側、その後を書いた話。

あのスパイダーマン、何者?ってとこから

あの時いなかった彼らは何をしてたのか、

その後をもうちょっとだけ続けてみた、をまとめてる感じ。

スパイダーバースの消化不良を助けてる感。

 

■良いところ

書いてる人が色々で絵が全く違うスパイダーマンがいくつかある。醍醐味すぎる。

絵が違ってもちゃんとスパイダーマン魂が引き継がれてるところがスゴイ。

マーベルのマンガ作りを最大限に生かし、後続も育ててるやり方、スゴイ。

こういうところだぞ、日本のマンガや出版社に足りないのは。

 

後、MCUに触れたことある人には

マーベルの「あの人」や「この人」が出てきて

「キャアァァァ!?」ってなる。なった。

 

後、レオパルドンの材料がわかったことかな。

 

■うーん、なところ

多分出版順なのかな?と思われるが

話が違うで織り込まれてるので「アレはどうなったの!?」って

ちょっと待たされる。だが、それがいい

アレ?うーんじゃないぞ、これ。

 

■総評

スパイダーバースを読んだ人に貰えるご褒美にございます。

読んだ人は是非読んで。

読んでない人は映画にもなったスパイダーバースのオリジナルを是非。

アメコミ沼の初手としては、結構お勧め。

 

■オマケ

あの人やこの人以外にもまだ映画化されてない人もいたんだ。

ちょっと得した気分。

 

・スパイダーバース、読む前の必須

www.m-zo.work

 

・映画のスパイダーバース 、まずはここから。

www.m-zo.work