ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

中年オタクが、映画やマンガ、ゲームなんかをレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてたりもします。平日は朝7時に記事が上がるようにしてます。よしなに。

【懐古ゲレビュ】ドラクエ6【★★☆】

DQWでまったりまったり街を彷徨ってる中年、m-zoです。

引きこもっておくべきですかね・・・?

最近ドラクエに触れたので思い出し記事。

 

■基本情報

------------------------------------------------------

ゲーム名:ドラゴンクエストVI 幻の大地

開発元:エニックス(日本)

種別:RPG

発売日:SFC:1995年12月9日

備考:いくつかの移植があり今だとスマホでもプレーできます

------------------------------------------------------

オジサンがプレーしたのはSFC版なのでそれで内容を書きます。

 

■どんなゲーム

小さな村から始まる物語。

お使いをしてるうちに下の世界や上の世界を行き来して

世界の真実に近づいていくお話。

 

■良いところ

ゲームシステムに3の職業選択、5の魔物仲間(規模は少し小さくなってる)があり

集大成感がすごい。

 

やれることいっぱいで進み方が人によって違う。

「あれは時間が経ったけどどうなったんだろう?」とか

「ここ行ったことない」とかをワクワクしながら進める。楽しい。

コンセプトの「発見」がこれでもかと感じられる。

 

職業もメチャメチャいっぱいあって

別に全部マスタしなくてもクリアはできるけど

蒐集欲を駆り立てる。

 

物語もなかなか王道感。最後に若干裏切るが(私的には)キャパシティの範囲内。

 

■微妙なところ

職業選べるのが中盤入ってから。

それが楽しそう、で入った人には結構きつかったはず。

その序盤最後のボスがなかなかの手ごたえ。

 

上記にも被るが厳しい敵がちょこちょこいる。

手動でクリアをさせる気がないやつとか

オートじゃクリアできない敵とかいてヌルゲーマーには厳しかった。

 

やれることがありすぎて楽しいんだけど、

ある程度すると「もういいや、クリアしよう」ってなって

結局ほとんどやりこまなかった。

 

ストーリーも最後の方が巻きを感じるくらい展開が早いところが。

途中の出来が良い分、目立っちゃってるんですよね。

 

後はハッサン先生の見た目インパクトですかね。

いや、これはある意味いい点か・・・。

 

■総評

SFCの最後の方のゲームなので今のゲームに近くなってます。

今でも十分やれるゲームですよ。

やり込めるところもたくさんあってやったことない人には

おススメできる一品です。

一応ドラクエ4、ドラクエ5の世界ともちょっと被ってるので

あのシリーズが好きな人は是非とも。

 

■オマケ

このゲームには全滅率150%(一度全滅すると2回目も全滅する率が50%)と

噂の敵がいてですね・・・。

下手な中ボスより倒せた時の達成感があるんですよ・・・。怖いですねぇ・・・。

ん?もちろん私は全滅回数4~5回だったですよ。

 

ドラクエ5の記事はこんな感じ 

www.m-zo.work