ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

中年オタクが、映画やマンガ、ゲームなんかをレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてたりもします。平日は朝7時に記事が上がるようにしてます。よしなに。

【思い出怪談】空の影

稲川淳二先生の怪談からツイッター怪談を順調に読んでる中年m-zoです。

こえぇ!?でも、止めれねぇ。

・・・ふと思う。怪談な経験したことないなぁって、あれ、ちょっと待って・・・。

 

 

あれはまだ若さ抜けきらない頃。

オジさんがまだオジさんじゃない時。

 

新しい出向先に異動となり、めんどくせぇ、とか思いながら

新しい現場に営業さんと移動。

 

新しい現場は都内のビジネス街。

どこまで行ってもビルばっかりだが

10分も歩けば歓楽街、飲み屋街、となんでもある。

正に都会。

 

そんなモリモリ生えてるビル区画に入っていく。

自動ドアが開いて中に入っても光度が変わらず。

「ここのエントランスは天井がガラス張りなんだよねー、おしゃれだよねー」

と営業さん。

 

新しくできたビルらしく、小綺麗なとこだった。

ドラマの撮影なんかでも使われるらしい。

 

田舎者の私からすれば不思議な建物ではあった。

だだっ広いエントランスにまばらな人。

エントランスは一つなのにビルが複数生えてるのでエレベータが複数ある。

土地が足りてねぇ、ってのはホントだねぇ、と田舎な発想。

 

「一番奥のエレベータで上がるからねぇ」

と進んでいく彼の後ろをついていく。

 

 

エントランスを2/3くらい行ったところで

 

 

ふと・・・

 

 

 

何故か・・・

 

 

 

上を見上げた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の瞬間見えたのは

 

 

 

 

 

 

「青空」。

 

 

 

 

 

疲れてるなと思いながらもエレベータに乗って仕事場へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、仕事が始まってしまえば早いもので1年以上経過して停電対応の日。

(停電対応:ある基準を満たした建物は年1で電気設備等の点検を電気止めてする)

普段は関わらない他部署の人と遅番。

 

 

休憩時間になってメンバで会話がはじまり、

その中で「ここってさ、出るんだよね」と。

 

 

夜なのでそういう話にもなるんだけど

「1年居てなんも見てないですよー、何言ってるんですか」と私。

他のメンバーも「もー」と笑う。

言い出しっぺの彼は真剣な目でしゃべる。

 

 

 

彼いわく、点検の時は人を色々なところから集めるそうだ。

そんな中に少し視える人がいたそうだ。

 

 

「そいつがさ、エントランスで突然

 

「帰っていいですか?」

 

って言い出したんだよ」

 

 

人も足りなくて集めてるのに何言ってんだ、ってみんなで引っ張ってきたけど

職場についた時にはなんかやつれたみたいになってて

 

 

どうしたんだ、って聞いたら

そいつ、俺を睨みつけてこう言ったんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「エントランスの真ん中に血まみれの人がいたじゃないですか!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

って言われて。

「そいつ頭おかしいわー」と笑っているメンバー達。

 

「でも、このビルで自殺者出てて、

そいつ、あのガラス天井を突き破ってエントランスでハジけたってさ」

 

 

それを聞いてみんなが冷や冷やな感じを味わってる中

 

私は1年前の「見上げた」エントランスを思い出してしまった。

 

 

 

 

 

 

そう

 

 

 

 

 

 

あの時

 

 

 

 

 

 

私は

 

 

 

 

 

青空を一瞬遮った「影」を見つけようと見上げたのだ

 

 

 

 

 

 

ただの鳥だったのかも知れない。

 

 

 

 

 

 

でも、青空しか見えないはずのあの景色で

 

 

 

 

 

私は上から来た誰かと「目が合った」のだ。

 

 

 

 

 

 

目を瞑った次の瞬間に消えた「アレ」を

 

必死に常識で覆い隠して「あり得ない」と否定した。

 

 

 

 

私は必死に震える足を抑えながら、休憩を終えて作業に戻った。

 

 

 

 

 

 

 

そして、作業後エントランスを通る時、

 

誰もいないエントランスの真ん中を私は避けて歩いた。

 

 

 

■後書き

まぁ、あの時の震える感じをちょっとでも出せたのなら幸い。

 

■オマケ

あんまり持ってないけど、後2つくらいなら弾があるので明日以降に。

夏だしいいよね、こういうのも。