ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

仕事で忙殺され気味の中年オタクが、映画やマンガ、各種ゲーム等をレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてます。

【自分語り】メンヘラ(精神病)は波風立てない人生になった時治ったと感じる

「がんばる」か「超がんばる」か、という言葉、素敵に感じるm-zoです。

でも、この言葉、結構毒があるよ?

今日は目標の話。

 

「オジさんメンヘラ」説もそろそろ飽きてきた

でも、続ける。

さて、これまでの流れから

・自己認識 www.m-zo.work

 

・暫定対策 

www.m-zo.work

 

・恒久対策 

www.m-zo.work

 

って感じにきました。

次は最終目標です。

 

■とはいえ

これが一番難しい。

医者に相談して結果を貰う?

納得できるでしょうか。

友人に「治ったね」って言われる?

納得できるでしょうか。

 

■大敵

多分、これが精神病の一番辛いところで

「他人に治ったと言われても納得できない」

常に自分が「治っただろうか」と問い続けてしまう。

何かあるたびに自分の精神状態を疑う。

 

■私なりの結論

これは「時間を経たせること」くらいしかないと。

ゆっくり流れる時間を感じれるようになった時、

良かった、治った、と言えると。

おそらく、仕事をしたままでは難しいです。

だって、何かが起きるから仕事になるんですもん。

でも、完治を目指して進むしかない。

メンヘラってホントに長い戦いになるんだね、と感じる今日この頃でした。

 

■オマケ

今週の駄文はどっちかってーと「チラ裏」だよね。

これ、カテゴリにしよーっと。