ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

仕事で忙殺され気味の中年オタクが、映画やマンガ、各種ゲーム等をレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてます。

【スマゲレビュ】Auto Chess【★☆☆】

有給取ってもブログを調整してるだけで1日が終わった中年m-zoです。

そろそろゲームが卒業できそう、とか言ったな。すまん、ありゃ嘘だ。

 

------------------------------------------------------

ゲーム名:Auto Chess:Origin

開発元: Dragonest(中国?)

種別: リアルタイムストラテジーテーブルゲーム

配信:

iOS:2019年6月6日
Android:2019年5月17日

------------------------------------------------------

 

・どんなゲーム?

8人でクリーチャを買って、配置して、盤面対決するゲーム。

お金取得は周回+前ターンの出来で加算がある。

お金はクリーチャ買う以外にショップのラインナップ変更や

マスターのレベルアップができる。

マスターのレベルが上がると置けるクリーチャの数が増える。

クリーチャの属性を合わせるとコンボが起きて戦力アップ。

同じクリーチャを重ねるとクリーチャ自体のレベルが上がる。

この辺りに面白みがあるよう?

 

・良かったとこ

人と対戦してる感は0。

プレーヤレベルが低いところでは

「戦いは数」というドズル式というかガンパレ式というか、戦争の基本で勝てる。

クリーチャの動きがちまちましててカワイイ。

セリフが一々カワイイ。

横で流れてるパブリックチャットの言語のグチャグチャ入り乱れてて面白い。

 

・うーん、となったとこ

クリーチャの属性コンボや精鋭化で上の戦争の基本を上回るわけで

深まると麻雀のように最終形態(最強手あるいは好きな手)を考えて

デッキを組むことになりそうだが、ショップの並びで決まる。

運で左右しすぎじゃないすか?

後、マイナスコンボの発生もあるが、先に確認できない、

マップに置いてるクリーチャの属性を出しっぱなしにできない、

等、UIの不親切な部分もチラホラ。

リアルタイムで実施してるから、対応時間30秒しかなく

上回り出すとボコボコにできるが、逆もしかり。

デッキの出来が悪いとどうやってもリカバリできないのも、うーん・・・。

 

・私的な最終評価

深みは凄くあると思う。

最終形態まで作れると盤面配置の対決になって、もう発狂レベルで楽しいと思われ。

ハマる人はホントにハマる。

でも、私はそっち側ではなかった。

もしかすると、ガラッと大きなアップデートが来て

大流行するかもしれないゲーム。

 

・オマケ

「Auto Chess」のゲームシステム自体は「Dota2」という

ゲーム内のmodから発生した様。

ゲーム内でゲーム作った・・・ってことですかい!?