ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

中年オタクが、映画やマンガ、ゲームなんかをレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてたりもします。平日は朝7時に記事が上がるようにしてます。よしなに。

【オジさん所感】映画の吹き替えは声優さんの技量で変わる、のか?

 集中力に波がある中年m-zoです。

そういう日があってもいいよね。・・・いいよね?

今日は吹き替えの話。

 

ちょっと前にスパイダーマンFFHを見た。吹き替えで。

スパイダーマンFFHの感想はこっち。 

www.m-zo.work

 

会場と自分の時間を見て吹き替えで見たのだがしっくりこない。

いや、別に竹中フューリーが、と言うわけではない。

むしろ、竹中さんはもう慣れた。

全体的になんか絵と声が違ったのだ。

間違ってほしくないのは「悪かった」のではない。「違った」のだ。

どうにも集中できないというか。

 

ふと思い出したのが、昔どこかの番組かインタビューで

声優さんが吹き替えの際に呼吸を合わせないと駄目だ、と

いう話があったが、それな気がする。

見えてる画面の息を吐いてる瞬間としゃべりが外れているような感じなのだ。

 

ゲームや本を読まずに映画ばっかり見てるから

細かいことが気になるようになってしまったのかなぁ。

ただの偏屈じぃさんになっていってるようで気が滅入る。

 

今度エンドゲームでも同じようになるか試してみよう。