ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

中年オタクが、映画やマンガ、ゲームなんかをレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてたりもします。平日は朝7時に記事が上がるようにしてます。よしなに。

【オジさん指南】戦闘は弱いところをパターン攻め

書くことがなくなったらネタ帳と下書きを見直して

文章を意地でも作るオジさんことm-zoです。

今日は勝負の話。

 

 

オジサンはゲーマーだったので対戦ゲームをよくやってたが

戦闘時に同じことの繰り返しになると飽きてしまい

違うことやって殺されるパターンが凄く多い人でした。

勝率は30%くらいの雑兵ってやつですな。

協力対戦ゲームでは実に相方迷惑でした。反省。

 

んで、この同じことで倒す方法がいいことなのか、という疑問について

一つの答えを今は得てます。

「相手の弱点をつくのは正常、それを跳ね返せない相手が悪い。」ということ。

パターンにハマってる時点でそれを続けるべきだったのです。

あぁ、今頃になって理解ってしまった。

15年前の俺を殴り飛ばして教えてやりたい。

 

ただ、相手にとってはウザくイライラするものでしょう。

それがゲームとはいえ勝負の世界なんですよね。

私は対戦相手のことまで考えてしまうダメなやつだった、ということです。

 

対戦している以上は勝ちと負けに分かれます。

負けた方が気分が悪くなるだろうなぁ、と思う人は勝負の世界に出ても

結果は残せません。

狡猾により相手の弱点を攻めることができる人間、

あるいは、そんなことすら考えずに自身が勝つことのみに集中できる人間が

勝負の世界で上に上がっていけるんでしょうね。

 

うん、やっぱり私メンタル豆腐だわ。どっちもできねえや。