ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

中年オタクが、映画やマンガ、ゲームなんかをレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてたりもします。平日は朝7時に記事が上がるようにしてます。よしなに。

【オジさん指南】SEが必要とされてほしい能力:システムを考える力とわかりやすい説明力

ども、m-zoです。

ブログ主は名前くらい名乗って覚えられろ、とツイッターで見ました。

今度から名乗ります。

(今までの記事は・・・多分直すかな・・・)

今日はお仕事の話。 

 

さて、昨日こんなことを書いた。

m-zo.hatenablog.com

 

現状のSEに必要なものを書いたが、これは本当だろうか、と

一日の隙間時間に考えてた。答えはもちろんNOだった。

後者はともかく、なんでITの仕事で体の頑丈さがいるんだよ。おかしいじゃん。

理想論を言うと「IT化が進めば効率が上がってみんなの仕事が楽になる」はずですが

自動化して効率が上がった分、違う仕事を回されて結局変わらない、というのが現状。

(これは株式会社なら利益を求めるので仕方ない部分ではありますが。)

 

そもそも自動化ってなんぞ、が適当な認識の人が多い。

「仕事を取られる」っていう意見から「機械はなんでもできる」って意見まで聞くけど

どっちも正解でどっちも間違えてる。

機械化するってことは、判断と繰り返しの部分を人より早く正確にできるってことで

そういう単純な仕事は機械にさせた方が楽に決まってます。

 

でも、機械は「思いついたり」「物事を理解して結合する」ってことは

まだできません。

(過去事例を抽象化して違うものに当てはめる、ってのは研究されているようですが)

 

なので、機械が出来る仕事は人から取ってくけど、できないこともありまっせ

ということです。考える仕事は人がやるしかないのです。

また、仕組みをわかりやすく説明するのは人にしかできません。

(他のものに例えるには抽象化できないとだめだからね。)

とはいってもそんな力は一朝一夕では手に入りません。

なので、地道に今あるシステムの仕組みを理解して

参考となる部分を自分の中にため込んで置くことが重要となってくるわけですね。

 

まぁ、なぜか技術屋は「他人と同じ仕組みはヤダ」とか

「自分で全部作りたい」って人がいて

「これが効率的なのよ」って作り方に反発する傾向があるのが問題ですが

それはまたの機会に・・・。

(でなきゃ汎用的な作り方がもっと世の中に広がってるはずですしね)