ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

中年オタクが、映画やマンガ、ゲームなんかをレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてたりもします。平日は朝7時に記事が上がるようにしてます。よしなに。

【オジさん所感】その喧嘩は誰のため?

レビュを書きたいのにモヤモヤする会話を見たので。

 

ツイッターボドゲ中級者に重い?のをどうやったらやってもらえるかを

考えてる人がいて、その人に「ライトなのばっかりじゃダメなのかよっ!?」と

わーわーやってた。

 

オジサンはボドゲ1年未満、寄り集まり参加回数3回とかいう

ビギナー極まりない人なので細かい言い争いはわかんないけど

前者は深いものをしないと全体が薄くなってしまうことを心配したからだと思うし

後者は道が決まってると初心者が入りづらいだろうとの心配をしてるのだろう、

と思う。どちらも好きだからこその意見なのだと思いたい。

#なんか世の中の縮図みたいだな

 

オジサンはこういう議論をわーわーやってるのを見ると

「わたしはあなたと違う、というところから闘争が始まる」との意見を

思い出すんよね。

別に良いじゃない、違ってても。

そこで争われてるのを見ると初心者は萎縮しちゃうのよぅ。

私もいつかアレに巻き込まれるの?どっちかに付かなきゃいけないの?って。

結果、近寄るのすら怖くなっちゃうのよね。

 

いつも言ってる集まりの主催者の方は最初に言ってくれてます。

「熱が入り過ぎないように、ゲームを楽しんだ人が一番の勝者です」と。

また、勝負は勝てば喜び、負ければ勝者を祝うもの、と4歳児の本にも書いてます。

オジサンはただ色んなボドゲが出来ればいいので

紹介してくれる場が少なくなることの方が悲しいのです・・・。

 

こんなこと書いててふわっと思ったのは

サイドキックしたいなぁ。今度はゴリラにならないようにしたいなぁ、でしたがね。