ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

中年オタクが、映画やマンガ、ゲームなんかをレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてたりもします。平日は朝7時に記事が上がるようにしてます。よしなに。

【オジさん指南】負けれる人になれ

負けの捉え方と勝負の捉え方。

 

 

さて、本題。

世の中、「負け」に非常に敏感になっている気がする。

お金が稼げてないと負け、投資して成功してないと負け、

ブログで稼げてないと負け、体が健康じゃないと負け、筋肉がないと負け、

恋人がいないと負け、セックスできてないと負け、結婚してる/してないと負け、

負けてはいけない感半端ない。呪い化する感じることある。

 

まぁ、「負け」の原因パターンとしてはいくつもなくて

・逃げちゃう

・折れちゃう

くらいだと思ってる。

その二つの原因が前後するからゴチャゴチャすると思う。

 何にもできず心折れちゃって逃げ出しちゃうパターンもあれば

 ビビッて逃げてその先で後悔で折れちゃう場合もある。

 

問題は自身がどっちが許せないか、

もっと言えば後悔が大きいか、だと思っている。

逃げれない人は折れるまでやるし

折れれない人は詰みが見えてから逃げる。

#ちな、折れると直るのは相当時間が掛かる。ソースは俺。

 

ただ、心が折れると逃げるアクション自体が取れないこともあるから

後者を心掛けるようにしましょう。

んで、逃げた先で同じことが起きた場合をちゃんとシミュレーションして

今度はこうしよう、を決めておきましょう。

逃げが負けではない、というのはこういうこと。

その戦場自体から逃げるのではなく、

撤退も戦術に組み込んだ戦い方をしていると「負けれる人」になれます。

 

そもそも何と勝負してるのか、を考えておかないとダメだし

人がどう言っても本人の捉え方だけだからそこも注意だよね。

他人に「勝負」と「勝敗」を決めさせると逃げを負けとされちゃうよ?