ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

仕事で忙殺され気味の中年オタクが、映画やマンガ、各種ゲーム等をレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてます。

【オジさん所感】言葉の圧

あれ?アクセス数が減ったけどいつもの倍以上残ってる。

どういうこと?(嬉しいです!)

 

そんなわけでぶつくさツールことツイッターでも

前向き染みた言葉を吐き続けてたら

全然知らない人(こっちの3倍くらい前向きな人)からいいねが付きました。

フォローしたらそういう人達の言葉で溢れかえりました。

 

逃げてもいいのよ、とか、ちゃんと考えなさいよ、とか

1回2回見る分にはいいけど、重なると凄い圧。この不思議感、スゴイ。

ネガティブの肯定は否定に見えるし、正論は否定に見える。なんだこれ。

 

いや、彼らの発言は何も間違ってないのだけど

そういう言葉をずっと見てると「アレ?私間違ってる?」って感じる。

 

自分の芯となる部分があると「あぁ、そういう意見ね」となるだろうが

それがない私みたいな人はきっとこうなるんだろうなぁ、と。

これが悪意の持った人にやられると宗教モドキの犯罪になるのかなぁ、と

身をもって感じました。

 

でも、しばらくは面白いのでそのままにしておこう。

最悪ブロックすればいいし。いつでも逃げれるのは強者の特権、って誰か言ってたな。