ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

仕事で忙殺され気味の中年オタクが、映画やマンガ、各種ゲーム等をレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてます。

【オジさん指南】特化か汎用か

永遠の命題。

 

 

私が子どもの頃はなんでも全部できなさい、が基本だった。

テストは全ての教科で100点を取れ、だったし

運動会は1位の目指せ、だった。

友達間のゲームですら発売日一週間でクリアできてなければ遅いみたいな空気。

良く考えると出来てた人はたった一人が、ではなくいろんな人だった。

もうこの時点で汎用化なんて無理だとわかる。

 

そして、成人して初めて会社に入っても

「○○さんはすでに中堅くらい稼いでる」とか

「××さんはお客さんに気に入られるのが早い」とか

聞こえるようによく言われてたものである。今ならパワハラとかで訴えれるよね。

そして、やっぱり違う人なのだ。

 

良く考えて見るとオールマイティに出来てた人なんていないのだ。

どっかこっかで特化するのが一番よいし

好きなことを特化させ、特化したものを長く続けることが

生きる楽しさともいえるだろうと思う。

 

一部平均値が高い人はいるが、そういう人はなんでもできるが故に特化してこない。

そして、そういう人を見て思うのが、

彼らは出来る故に集中できない、しようとしない、

させてもらえない、という状態になっていることが多い。

意外と最初に言ったなんでも出来ろ、を強要すると

集中しない要員ができるんじゃないだろうか、と思った今日この頃でした。

 

オジサンはようやくこの歳で集中することがなんとなくわかってきたから

こんなことを書いてみた。

あの頃は逃避と集中のためにゲームをしてたんだなぁ、とも思う・・・。