ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

仕事で忙殺され気味の中年オタクが、映画やマンガ、各種ゲーム等をレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてます。

【懐古ゲレビュ】マリーのアトリエ【★★☆】

ブログでやってる人を見かけてそういえばやったなぁ、と書く。

 

------------------------------------------------------

ゲーム名:マリーのアトリエザールブルグ錬金術士〜

開発元: ガスト(日本)

種別:ロールプレイング

発売日:

[PS]1997年5月23日
[SS]1997年12月11日
[PS]1998年6月4日(プラス版)

備考:

PC、DC、配信もされてるようで

------------------------------------------------------

 

落ちこぼれ錬金術師のマリーちゃんになって

お店を経営しながら卒業課題をクリアするゲーム。

・・・大学生みたいなことしてるな、これ。

 

まず、キャラが魅力的。

どいつもこいつも個性的な人で表情豊かなのも楽しい。

みんな何かの目的があるので

新しいキャラが出るたびにこの人は何がしたいのだろう、と

つい深いってしまう。

次に経営もなかなか。錬金術師なので自力で調合して

色んなものを作れるのが楽しい。

最初はカツカツやってても回りだすと

妖精さんを効率化してアレ作ってコレ作ってと

考えるのがとっても楽しい。

 

ただ、一周が長くて結局2週しかしなかった記憶。

失敗エンドと賢者の石は作ったエンドだったかな?

この辺は曖昧。

 

とっても時間泥棒なゲームなので不用意にオススメはできませんが

アトリエシリーズが好きな人には触ってもらいたいところです。

 

後、コミック版がコロコロしてて好きだったなぁ・・・。