ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

中年オタクが、映画やマンガ、ゲームなんかをレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてたりもします。平日は朝7時に記事が上がるようにしてます。よしなに。

【思ったこと】映画の吹き替えと色々な思惑

今度の春映画のSHAZAM!は予告を見て楽しそうですなー、

と、ツイッターで情報を集めているとチラホラと燃え燃えな言葉が見えてます。

いつもの芸人/有名人の吹き替えに加えて

なんでも吹き替えの演出・担当が放送作家さんだそうで。

 

まぁ、日本の配給担当からすればちょっとでも話題になって

人を増やしてしっかり元を取らねば!ということでしょうな。

どうせ見に来る人なんて1回か2回くらいだから

その数を増やさなければいけない、と。

だから話題をいっぱい作らねばということですな。

うん、理にかなってるんじゃないですかね。

 

さて、閑話休題

東宝シネマズは6月1日より映画の普通料金を

1800円から1900円に値上げするそうです。

人件費・運営コストの上昇が原因だそうです。

人件費は映画館の数は減っているので人の数が増えたわけではないでしょう。

運営コストはいったい何が増えたんでしょうね。

 

このネットが発達して、情報も映像もなんでもすぐに手に入る時代に

映画館へ足を運んで映画を見る人を

ただの馬鹿なお金を落とす存在、くらいにしか

思っていないようにしか見えませんね。

映画業界は今一番わかりやすい

「短期の利益だけをとって長期の利益を捨てている」業界です。

今後が楽しみですね。

 

偉そうに言ってる私ですか?

字幕版アベンジャーズを5回以上映画館で見たことがある

ただの馬鹿なお金を落とす存在にございます。