ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

仕事で忙殺され気味の中年オタクが、映画やマンガ、各種ゲーム等をレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてます。

【マンガレビュ】食糧人類【★☆☆】

読み終わったので。

 

------------------------------------------------------

タイトル:食糧人類-Starving Anonymous-

作者:

水谷健吾(原案)

蔵石ユウ(原作)

イナベカズ(作画)

製作:講談社

種別: ホラー、サスペンス

巻数:全7巻

------------------------------------------------------

 

主人公が突然拉致されてよくわかんない施設に突っ込まれる。

そこから逃げようとして、世界の闇(のようなもの)に触れ

必死に解決を試みようとするマンガ。

 

タイトルに惹かれて読み始めましたが

絵はグロいー!?

内容がおぉー、こっわっ!?となりました。

人間が一番と意識無意識で思っているので

それを超える存在が出て管理される、とかブルブルですよ。

話が進めば進むほど

もっともっと、となるスルメというか

刺激不足な現代人に欲しい衝撃が突っ込まれてる作品でした。

 

まぁ、オチの絵面が衝撃的でしたけど

色々投げっぱなしな終わり方でもあると言えばあるし

悪くはないと言えば悪くない終わり方だし

その方法で落とすんだーと思う終わり方でもありました。

正直、読者(私)が慣れてしまって刺激不足になってるだけだと思いますが。

 

グロも平気、終末的ななんかが欲しい、刺激が足りない、的な人には

オススメ、とまではいかないけど、それなりに面白いよ、と言える作品です。

 

私個人としては絵は好き。科学科学してる場所もちょこちょこあるし。

山引さんが人道外れすぎてカリスマなのも好き。