ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

仕事で忙殺され気味の中年オタクが、映画やマンガ、各種ゲーム等をレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてます。

【懐古ゲレビュ】スパロボF【★☆☆】

アベンジャーズとか「いっぱいヒーロー」とか書いたら

昔やったゲームにそんなんあったなぁ、と思い出したので書く。

 

 

------------------------------------------------------

ゲーム名:スーパーロボット対戦F

開発元: ウィンキーソフト(日本)

種別:シミュレーションRPG

発売日:

SS:1997年9月25日
PS:1998年12月10日
GA:2011年11月9日

------------------------------------------------------

 

新旧のアニメロボットが出てくるお祭りゲー。

ガンダムマジンガーの有名どころから

エルガイムダンバインダンクーガ等のちょっとマイナーなもの、

その頃、流行始めたエヴァが出てたりと子どもの夢を叶えさせてくれてたゲーム。

 

最初は各ステージとも似たり寄ったりだが、ちょっとづつ難しくなっていき

キャラクターの特性を駆使しないと

ユニットが全部生き残ってない等の納得できない勝ち方になる。

また、逃げる敵やマップギミックもよい味付けになっており

それらを知ってから2週目、最速クリアを目指して3週目、と

ずーっと遊んでいられるところは正にゲームのカガミ。

キャラクターも千差万別、適当に使ったキャラクターが好きになったり

アニメの原作が気になり始めるところもGood。

 

主力キャラを鍛えればクリア自体は簡単だが

キャラクターが多いのでどれもこれもと育てると途端に難しくなる子ども泣かせ。

また、戦闘シーンのスキップやオートがないため、そこそこ時間が掛かるのもネック。

その後知ったスキップやオートのない理由が

「がんばって作った戦闘シーンを見てもらいたいから」とか

なんだかなぁ、という感じ。

(開発が同じようなこと言ったスマゲがありましたね、FG○さん?)

後、ゲームそのものはフルプライスなのに

開発中に前・後編と分かれたため、中途半端に終わるのも悲しい。

それもあり、終盤のステージは味方軍のパワー不足が否めなくなり

せっかくのキャラクター達も脱落してしまったりする・・・。

 

まぁ、ゲームのコンセプトはおもしろいので

知らない作品がいるから、というのでしたらむしろやってみると

(オタクな)世界がちょっと広がります。

Fじゃくてもシリーズがいろんな媒体で出ているのでそっちでもいいかも知れません。

(どれが一番いいか、とかはネットで見たほうがよろしいかと)

 

子どもの頃、私がセガサターンを買った理由の一つ。

スゴイ勢いで何度も何度もクリアしてました。

本体のセーブ容量では足りなくて、メモリを買った原因でもありましたなぁ・・・。