ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

中年オタクが、映画やマンガ、ゲームなんかをレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてたりもします。平日は朝7時に記事が上がるようにしてます。よしなに。

【自分語り】オタクの処世術~飲み会編~

中年オタクに逃げれないイベント、それは「飲み会」である。

 

若い頃なら「あっ、今日は用事あるんで♪」と家に帰り、

まったり動画を見ながら一人ご飯を食べれた。

だが、中年になり、それなりに働いていて

誘いを断ると「若いのも来るのに・・・」となって、

現場の空気が少しよどむので行かざるを得ないのだ。

あぁ、日本の村社会観が憎い・・・。

 

そこで困るのが話題。

私なんかは特に人見知り+コミュ症なので対応に苦労した。

若い子にそんな苦労はさせたくない、と思い、

ここに思いつく対応方法を書いておく(老害感)

 

▼ケース1:好きな歌手・アイドルは?

よく聞かれる話題。

■ダメパターン

TVなんて見てない、と答えようものなら人外の地から来た人と扱われ、

アニメしかわからん、と言えばオタクとしてみんなの酒の肴にされるだろう。

声優とか答えようものなら誰?とスマホで調べられ

なんだよー、オタクかよー、と倍増しの肴となる。

■回答

誰かを知っておくしかない。できれば有名なところがベター。

一昔前なら「雪の華」が綺麗だと感じた中島美嘉、を答えてた。

今なら有吉反省会でおもしろいことを言う

AKB(HKB)の指原莉乃、を答えるようにしてる。

■解説

聞いてくる人は大体、こっちのことは興味ないです。

聞いてきた奴は大体「なんかおもろいこと言え」的なノリなので

ある程度わかる答えを返すと「あっ、そう・・・」と引いてくれます。

その後、大体その人が「俺は○○が好きでサー」と始まりますので

そこからは合いの手を適当に入れておきましょう。

 

▼ケース2:休日はどう過ごしてるの?

上司や先輩から聞かれる話題。

■ダメパターン

アニメに関わる系は、ほぼ確実に肴になるパターン。

スマホで調べられたり、どんなの?と突っ込まれストーリを喋らせられます。苦行。

図書館行ってます、とか英会話してます、とかのマジメ系も意外とマズ目。

遊びが足りない、と絡まれる場合すらあるので注意。

■回答

ダメパターンから外れているなら実は大体いける。

映画、料理、運動、楽器、カラオケ、等々。

ゲームもみんなが知ってるものならいける今日この頃。 

ex:モンスト、パズドラ等、意外とツムツムは女性ユーザが多いのでいけたりする

ただし、これが好きをどう好きかとか、ある程度説明出来る程度

まとめておくことが重要。

■解説

 聞いている側は「合う話、ないかなー?」の心理です。

興味がなければ「あっそう」で終わりますが気にしない。人生そんなもん。

逆に合う人がいるとそこで世界が作れるので

その話を広げてれば時間が勝手に経ちます。

ただし、最初はオタク特有の

「得意なことはめちゃめちゃ喋る」をしないように注意が必要。

 

▼ケース3:最近どうよ?

昔の現場の先輩や同期から聞かれる話題。

■ダメパターン

いや別に普通ッス、的な広げれない回答。

大体「つまんねー」みたいな空気になって静寂が訪れることが多い。

■回答

やー、仕事忙しくて太りましたわー、とか

携帯変えたんですわー、とか、PC買ったんですわー、とか

筋肉体操始めて筋肉痛ですわー、とか

最近電車の中でいつも見る女の子がかわいいですわー、とか

なんでもいいので次の話題になりそうなことを答えましょう。

■解説

この話題が来る時は相手は大体酔ってます。

なので、なんか面白いことを出せー、と言っているのと同じです。

ただ相手は笑いたいだけなのです。

適当な話題を提供すれば、向こうが勝手に盛り上がってくれます。

 

オタクという種族は、どのオタクであれ特化しすぎてて

会話にならないことがよくあります。

その特化が社会生活も犠牲にしてる場合が多く

会話で真正面からぶつかって「これだから飲み会嫌い」と嘆くのではなく

ぶつからないように少し準備しておくことが重要です。

 

偉そうに書いたが、私が思いつく方法であって

できてるとは一言も言ってない、と落としておきます。