ずっとサブカルにふれてたい中年オタクブログ

仕事で忙殺され気味の中年オタクが、映画やマンガ、各種ゲーム等をレビューしてます。時間が無くてただクダを巻いてます。

【懐古ゲレビュ】風来のシレン【★★★】

SFCでハマったゲーム、その2。

もうちょっとだけ思い出に浸る。

 

 

------------------------------------------------------

ゲーム名:不思議のダンジョン2 風来のシレン

開発元: チュンソフト(日本)

種別:ローグライク

発売日:

[SFC]1995年12月1日
[VC]  2007年7月24日

------------------------------------------------------

 

前作はドラクエ4トルネコからオリジナル?の和風テイストへ。

ローグライク(操作/ターン)のゲーム。

NPCがいたり壷の合成ができたりと楽しい要素を加えてあり

毎回出るアイテムもマップも違うため、何回も遊べるゲームです。

 

トルネコもやったけど、こっちの方が私は好きだった。

死ぬギリギリを生き残ったり、全然余裕と雑に動いてあっさり死んだりと

どうやったら安定するのか、どうやったら楽になるのか、を

プレーのたびに考えてました。

今考えると以下に必要な手を残しておくかが重要なんですね。

後、目的をしっかり持つことも。

なんか今の仕事や生活に必要なことをこの時に考えていれば・・・。

後、ランキングの結果(死に方)が色々あって楽しかった記憶。

 

悪かったところとしては、ゲームが面白いのか

中古の値下がりが非常に遅くて、遊びたい時に手に入れれなかったことでしょうか。

ずっと遊べるゲームだもんね、しょうがないね。

 

シレンに限らずローグライクゲームは時間泥棒な部分が多々ありますが

やったことない人は是非ともお勧めです。

プレーヤースキルと運を存分に発揮できてクリアできた時の達成感は

とても貴重だと思います。

 

発売して大分経ってからやってたので、

誰とも会話できなかったのは悲しかったなぁ・・・。

とりあえず、最初と食神はクリアしてた(ような気がする) 。

最終的にはテーブルマウンテンの22Fをくるくる回って

「さいきょーのシレン」を作ってる途中で事故り無事卒業しました。

いやぁ、今と変わらずヌルゲーマーです。